Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

PROFILE
ぴちぴちの(!)大学2年。笑
トニセン狂で基本的に長野博
相互はいつでも大歓迎です!笑**


RECOMMEND
CATEGORIES
LINKS
ARCHIVES
OTHERS

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
2007/9/28 V6コン代々木 MCレポ
トニもかくにも恒例!ごちゃごちゃMCレポでっす!
トニかくマニア(いないよw)はご承知だと思いますが…
ネタバレ注意!(今回は軽くネタバレ含まれてるので注意してください;)
・話してた順番はバラバラ…なので「あ〜こんな感じだったんだ」という参考程度にとどめる!
・でも無断転載絶対禁止!
って、わけでお願いします☆

この約束が守れる人だけ見てくださいね♪*
では、どうぞ〜o(^-^)o
(ネタバレを含むので、今回のツアーが終了するまでは一応、このような表示方法をとっておきます。)


井「こんばんはー!V6でーす!」
会場「いえーい!」
井「久しぶりですねー!」
健「なんか浮き足立っちゃうよね☆」
井「長野さん、元気ですか!?」
博「俺は、ワクワクしすぎて眠れませんでした(笑)だからある意味寝不足です…(笑)」
井「長野さんが寝不足って…なんか怖いんですが(笑)」

井「今日暑いねー…これ、外も暑いんでしょ?」
会場「暑いー!」
井「2階席なんて暑いだろうねー…みんな、扇いであげて!」
会場「(パタパタ)」

井「(汗だくになりながら)やっぱさ…アクロバットって…大変だね」
会場「(笑)」
井「みんなさーこの前のHEY×3見てくれたー?」
健「あの一人いなかったやつ…」
井「いなかったのはお前だろ!!(笑)」
健「俺だってバク転できるよ☆」
井「そんなこといってさ〜コケるなよ??」
男の人のかけ声「こけろ〜〜!!」
V6「えぇぇ…;」
井「なんだよ、今のかけ声は〜(笑)」
坂「しかも「ボケろ〜!」ってどういうかけ声だよ!?」

井「なんか久しぶりだよね〜…みんなの歓声とかも久しぶり!」
坂「いやー、あのデビュー曲の前奏が流れた時の盛り上がりがね…」
井「うんうん」
坂「あの"フーッ!"も健在で…(笑)」

*・*・*・*・*・*


井「改めましてこんばんはー!V6でーす!」
井「坂本くん!」
坂「なんですか…?」
井「衣装を俺に直させるのはやめてください!」
坂「いや…あの時、やりたそうな眼をしてたので…(笑)」
井「あんた「どうしたらいいんだろう(おろおろ)」ッて感じになってたじゃん!」(これはもう、助けるしかないよね;笑)

井「それにしても今日はほんと…暑いね…;;」
会場「暑いー」
井「いやぁ…もう2りってる…じゃなくて2リットルくらい汗かいたよー」
健「2リッテル…(笑)」
井「風呂入ったみたいになってる〜…」
博「なんか坂本くんのスカーフさ、風呂上りのタオルに見える…」
坂「え〜…みんなスカーフどういうふうにしてんの?」
井「ビンに入ってる牛乳を誰か持ってきて!似合うよ!(笑)」

坂「(割と真剣な表情で)ここでですね…重大なお知らせがあります。では、井ノ原さんお願いします。」
井「はい。」

井「俺は…以前からお付き合いさせていただいていた瀬戸さんと…」
会場「きゃああああああ!」
井「○・*△×〜」

肝心の部分が…聞き取れず…(笑)

井「このことはですね、去年の9月から考えていました。でも、ファンの人達に誰よりも先に知らせたかったし、コンサートみたいにたくさんのファンの子が集まる機会もあまりなくて…今日まであたためてました。」
会場「おめでとー!」
井「…(泣)」
坂「これ言うのすっごく不安だったんだよな?みんながどういう反応をするのかとか…」
博「(坂本さんのスカーフをそっと外して、イノに渡す)」
井「(そのスカーフで目をふく…)み、みんなありがとう…てか、泣いてねぇよ!」


健「でも、井ノ原くん、ほんとよかったね…(涙目)こんな温かいファンに見守られて…」
井「なんでお前が泣いてんだよ〜?」
健「だって…」(←すっごくすっごく可愛かった!!///)
坂「あれ?この二人(健とイノ)が結婚するんだっけ!?笑」

井「まぁ、結婚してもV6はやめないからね(笑)」
(寿退社的な!?笑)
井「やっぱり…V6のファンは世界一だな!!

剛「いやー、よかったですねぇ」(←これツボだった…笑)
准「俺…今日これ言うのすっごい楽しみだった。」
井「あはは!」
准「もう1週間くらい前から…(笑)」
井「歌ってるときにもチラチラ見てくるんだよな〜(笑)」
准「そうするとすごいニコニコしてんの(笑)」
井「だってずっと目線はずさないから…(笑)」

坂「もう水着は…着られないな…(←例のスク水…笑)」
会場「(笑)」
井「あ〜……いや!着ますよ!着れますよ!(笑)いや、でも着ねぇよ(笑)」

井「昔は"V6の中で誰が最初に結婚するんだろう"とか話してたよな〜」
健「一番最初に結婚しちゃったね」
井「まだ結婚してねぇよ(笑)昔はさ、岡田がハタチで結婚するとか言ってたよなぁ」
准「あぁ、結婚したかった」
井「結婚願望があったんだね〜」

坂「でも井ノ原が結婚するとさー…坂本と長野は?ってなんじゃん!?」
井「あはは!」
博「ちょっ…今"ドンマイ"って聞こえたんだけど(笑)」
坂「君たち、言葉には気をつけなさい!?」
博「俺達、今そういうのにピキピキくるから!(笑)」
井「あはは」
博「でも…井ノ原…今日はお前が大人に見えるよ…」
坂「そしてお前が…かっこよく見える…(笑)」

井「剛…歌ってくれよ」
剛「は?(笑)」
井「なんかこういう時にピッタリな曲をさ…」
剛「うーん…お嫁、サンバ…?」
全員「えぇ!?(笑)」
剛「あ、選択ミスだった?(笑)…じゃあ愛しのナポリタンで!」
会場「きゃー!」
井「そう、俺達ね、ちょこちょこ練習してきたんだよね!こんなこともあろうかと!
それじゃ、ジャンケンで勝った人がヒガシさんとケンタね!」
博「絶対勝つぞー!(わざとらしく)」
剛「俺的に一番見たいのが…岡田のケンタ(笑)」
全員「(笑)」

ジャンケンの結果、カミセンで愛しのナポリタンをやることに…

博「剛の望みどおりになったな(笑)」
井「え、健ちゃんは?」
健「俺、ヒガシくんだよ!」

カミセン準備中…
井「坂本くんのケンタ見たいなぁ(笑)」
坂「俺はヒガシさんやりてぇよ」
井「あー、そっちも見たい!」
坂「付き人として、あの背中をみてきたんだからさ…あれすごいよな、ヒガシさんの…『な〜っぽりったん!!♪』ってやつ」
博「あの転調ね!すごいよね!健できんのかな…」
井「大丈夫、健は地声が転調だから(笑)」
坂「地声が転調って!どういうのだよ!?(笑)」

博「ん?用意できた〜?」(のぞくトニセン)
井「あははははは!!!岡田!!!」
博「半ズボン…!?(爆笑)」
坂「岡田が…『見るなよ!』って顔してたんだけど(爆笑)」

ナポリタンを歌い切り…
井「(笑いながら)いやー、スゲー面白かったー!スタッフに"(お客さんたちに)見えちゃいますよ!"ってとめられたんだけど、払いのけて見ちゃったもん(笑)」
全員「(笑)」
井「この衣装、ヒガシくんの本物なんだよね〜だから健ちゃんとかサイズがあってない…(笑)」

剛「ヒガシくんさ、コンサート見に来るって言ってたんだけど…その時はどうするんだろうね…(笑)」
博「その時はヒガシくんにも混ざってもらってジャンケンしよう(笑)」
井「ヒガシくん負けちゃったりしてね!(笑)」

井「岡田さ、この曲ばっかり練習してたよね?」
准「楽しいから…(いいながら躍ってみたり)」
井「岡田くんはビデオみて振りを覚えるんだよね?」
准「はい…家で練習するのにこの曲はいいんです(笑)」


―2回目のアンコール―
V6「みんなー!今日はどうもありがとー!」
井「じゃ、俺は記者会見あるんで…行ってきます☆(爽やかに去る)」
坂「(イノを見送り)こんばんはー!V5でーす(笑)」
会場「(笑)」

V6「今日はほんとうにありがとうございましたー!」


以上です。あとは随時思い出したら足していく感じで…;

もうね、感動した!!
10周年のコンより感動したかもしれない!!
健ちゃんのソロ曲とかイノのソロ曲とか…
ファン全体が一体になって「おめでとう!」っていう祝福ムードだったからなのかもしれない。
すごく泣けてきた…。でも泣いてません(笑)

超個人的メモ
:)今日の席はスタンド!天井近いよー!
:)でもアスベストの心配なし!!笑
:)イノの報告が衝撃的すぎて最初の方のMC忘れたよ…(笑)
:)でもアスベストの心配なし!!笑
:)健ちゃんが…神。かわいすぎて…神。
:)長野様が手を振ってくれたような気がしないでもないけど、遠すぎてわからない…(笑)
:)あと、坂本様と岡田様も手を振ってくれたような気がしないでもな(略)


最後には健ちゃんの投げチューもあり…vv
初の初日(←ややこしい)はとっても楽しいものでした☆
明日も2公演楽しんできます!!
でもその前に授業…(笑)行けなかったら彼氏様に代わりに出ておいてもらおう…(笑)
では!

| V6コン | 01:51 | comments(1) | - |
2006/8/4 V6コン代々木 MCレポ
ステージ構成などについて何も触れてませんが、「どうしても何も知らずに観に行きたいのよ!」って人は今すぐ閉じましょう(^^;)
まぁ…レポとも言えないメモ程度のもんなんですが…無断転載禁止です。
喋ってる順番などはごちゃごちゃで全くもって忠実じゃありません!(自信持って言うなよ/笑)
断言してるので文句も言わないであげてください…(こわごわ)
「こんなこと話してたのね、V6!可愛いわ!」みたいな参考程度にとどめてください(笑)

井「みんな〜こんばんは〜!久しぶりぃ〜!!」
会場「フーーゥ!」
井「今日暑いですね〜。」
メンバー「うん。」
井「今日は散歩しててフラフラして帰って来た」
健「散歩してたの?」
井「うん。」

井「今日初めて来た人〜!」
会場「(手を挙げる)」
井「けっこういるんですね〜。さっき『久しぶり!』って言ってごめんね(笑)じゃあ10年前からコンサート来てる人〜!」
会場「(手を挙げる)」
井「なんとなく歳がわかります(笑)」
准「みんな同じだけ歳をとってるんだもんね」
井「そうそう…もう10年ですから…ねぇ。」
坂「おい、俺の方に来んなって(笑)平均年齢はみんなで上げてんだよ!(笑)」

井「そっかぁ…じゃあ、さっきのイージーショータイムを新曲だと思ってる人もいるかもしれませんね。あ、イージーショータイムの時、森田君に胸を揉まれました」
剛「え、そういう振りじゃないんですか!?」
井「揉む必要はないんですよ?」
剛「あぁ、だから、そういうコンセプトの振りかと…笑」

井「ねぇ、はじっこ行っていい?(最初イノがセンター)」
健「じゃあ俺がそっち行くね?」
井「俺みんなが見えないと落ち着かないの。俺はじっこ好きなんだよ〜ジュニア歴長いから(笑)センターはあんまり…」
会場「えー?」
健「嘘だよ!いつもずいずい来てんじゃーん!笑」
井「健ちゃんはセンター好きだよね?」
健「俺隠れてセンター好きv」

井「みんなはコンサートの後って何してんの?」
健「昨日は10時頃寝ました。」
井「え、だって昨日のコンサート終わったのって9時半くらいでしたよね?」
健「ここでシャワー浴びて〜家帰って10時過ぎくらいには寝ました。12時間も寝ちゃった。」
井「坂本君12時間も寝るなんてもう無理でしょ?」
坂「あぁ、今ちょっと尊敬してた」
井「坂本くんは昨日は何してた?」
坂「俺疲れすぎて眠れなかった…」
健「えー!?俺なんてすぐバタンキューだったよ。おやすみ3秒みたいな!」
坂「シャワーが歓声に聞こえた…」
健「(腕を広げ)こんな感じでシャワー浴びてんの!?」
井「あははは!」
健「こんな感じで浴びてんでしょ!?歓声はシャワーなんだ〜」
(拍手と歓声)
健「(拍手と歓声をシャワーのように浴びる/笑)」
坂「ちょっと待って。俺んちのシャワーはヒューヒューとは言いません(笑」
井「で、シャワー浴びて?」
坂「うだうだしてた」
井「(笑)それでいつ頃寝たの?」
坂「うだうだしてたら〜…途中で意識なくなって〜…」
みんな「(笑)」
坂「6時半に起きました」
みんな「(爆笑)」
坂「いや、でもその後ちゃんと寝ましたよ!?寝ましたよ!?←なんか必死」
井「坂本くん、12時間以上寝ようとしたら死ぬしかないんじゃないですか?」
坂「チャレンジですね(笑」
剛「疲れても寝れないなんてかわいそ…」

坂「で、今日は起きてジム行って来ました。」
みんな「へ〜(感心)」
坂「俺は大体ジムくらいしか行きませんから」
井「買い物とか行かないんですか?」
坂「…え?」
井「買い物。」
坂「買い物…ってなんですか」
健「え〜〜!?」
坂「買い物なんて1年に1・2回くらいしか…」
健「え!?坂本くんお金何に使ってるの!?…あぁ!八百屋の卸しとかに!?」
坂「ぶはっ!(笑」
健「だって服とかどうしてるの?」
坂「俺は大抵気に入ったのしか着ませんから。」
健「あ〜長く着るっていうね!」
剛「そういえば最近坂本くんの私服かっこいいよね。」
坂「…え、ちょっと待ってください…。…"最近"…?」
剛「ハイ、最近。」
健「坂本君てさ〜流行みたいなのがあるよね。」
坂「あぁ、俺の中でのね?」
健「前はさ、タンクトップ着てたよね」
井「坂本くんってあれだね、ギザギザ?に切られた感じのタンクトップみたいなの?似合うよね。長渕剛みたいな(笑) 最近はあれだね…こいのぼりの…(笑)」
坂「あれね、岡田に怒られるんですよ。なんでいつも鯉のぼりのジャンパーなんだって。」
井「ははっ」
坂「これはね…前に、フレンドパークの時に親父のために錦鯉を頼んだんですね。そしたらファンの方がいっぱいくれて…」
井「錦鯉のグッズをね?」
坂「それで最近…」

井「なんで坂本くんってチンピラぽくなっちゃうんだろうね」
坂「なんでだろうなー…」
井「坂本くん、歩き方もこんなだからじゃん?(チンピラ風に歩く)」

剛「井ノ原くんは何してたの?」
井「俺?友達と食事しに行った。」
……間……
井「え?何?(汗)」
剛「なんか爆笑話があるのかと思った。」
井「ないよ!?普通に食事して、カラオケに誘われたんだけど、今日はもう歌いたくないって…(笑」

井「岡田は?」
准「俺つまんないよ…帰ってすぐ寝た。ごめん、つまんなくて。」
(…ホントにつまらん!笑)

井「長野君は?昨日終わった後何してた?」
博「俺?普通だよ?」
井「長野君てわかんないんだよね〜」
坂「長野はわかんねぇな」
博「普通だよ?」
井「長野君はね〜カプセルに入ってるイメージ!笑」
坂「あぁ俺もそんなイメージ!笑」
井「なんか『しゅーー』って入っていくんだよね…笑」
坂「そうそう!」
博「入ってませんから!カプセルありませんって!」

准「長野君の玄関すごいのあるんだって…」
井「え!?なになに!?ライオンの置き物とかあんの!?」
准「俺、長野君の家行ったことないから何があるのか聞いたの。そしたら『玄関にすごいのあるんだぜ』って…」
博「あ〜別にすごくはないよ」
井「何があるの?」
博「鮭児(けいじ)ってあるじゃん。あの7・8万するやつ。あれの…箱。」
井「箱っ!?」
博「そう、店で〜『この箱ください!』って言ってもらったの(笑)玄関に入ると"鮭児"!みたいな」
井「やっぱ長野君…変態だ…!」
博「変態って言うな!」
井「どうりで長野君生臭いと思った〜(笑」
博「誤解する人いるからそういうこと言うなよ(笑」
井「で、昨日は何してたの?」
博「昨日は普通に食事に行って〜」
井「食事?」
博「だって食事しないとなんか気持ち悪くない?」
井「何食べたの?」
博「焼肉食べに行きました」
井「コンサートの後に焼肉食えるなんてすごいな〜…」

井「健ちゃぁん、かわいいよね〜(←突然)さっき、スタンバイする時に間違えて俺のとこから出てんの」
健「えへへ〜」
井「俺が『そこ俺んとこ!』って言ってんのに。『え?え?何?』って俺がフツーに話しかけたと思って聞き返してくんの(笑)で、『そこ俺のところだよ!』って言ったら『もう間に合わないからいいや』って俺のとこから出てっちゃって(笑)」
健「まぁいいかって思っちゃって〜」
井「俺どうしたらいいんだよ〜って……」
健「(ん?ん?と剛の話を聞こうとしている)」
井「健ちゃん聞いてるぅ!?」
准・博・剛「(笑)」
博「間の悪い男だな〜」
健「だって森田が話しかけてくるんだもん!!」
井「健ちゃんホントかわいいよねぇvv(聞いてもらえなかったのにまだ言う/笑)」
健「知ってますvv」

井「健ちゃん、今日なんてね…縄跳びしてんの!」
会場「(縄跳び!?かわい〜vv的な雰囲気)」
井「みんなが使うマットみたいなのあるんだけどね、みんな靴脱いでストレッチしたりすんだけど〜。健ちゃん土足でその上で縄跳びしてたからね!!笑」
健「でも後でちゃんと拭いておいたよ?」
井「拭いておいたの?やっぱりお前は憎めないな〜(でれでれ)しかもふつうにストップウォッチ使えばいいのにね、おっきな電光板みたいなの持ってて…」
健「あれもらったの。今日から始めたんですよ。縄跳びを。」

井「長野君はまたあの腹筋してたね」
博「やってましたよ(笑」
井「長野君かわいいよね〜vv」
健「かわいいよね〜vv」
井「でも今日は明らかに俺達の方を見ながらやってたよね!?可愛い通り越して気持ち悪かったよ!」
健「そうそう、鮭もってるみたいな感じで(笑」
博「それはね、側筋だったの(笑顔)そう、腹筋したあとでメイクしてたらさ、健にいきなり胸揉まれた(笑)『イイ体してるねv(←妙に甘い声/笑)』って」
井「けぇんちゃーん!気持ち悪いよー!」
健「だって触りたい衝動に駆られたんだもん(笑)なんか長野君が気持ち悪いのか可愛いのかわかんなくなっちゃって(笑)」

井「こうして10年たってけど…健!お前はデビュー当時から1ミリも変わってないよ!」
健「(かわいらしい笑顔)」

井「昨日は初日だったけど…今日は2日目だから暴れられるよね、森田さん?」
剛「…え、どっちの意味??」
井「は?」
剛「え?」
他メンバー「(笑)」
井「俺はぁ、昨日は初日だったけど、今日は2日目で慣れてるから、昨日よりはこう…自由に暴れられるよね、って言ったの。そしたら森田さんはぁ『どっちの意味で』って言ったんですよ?笑」
剛「あー…合図かと思って。」
井「あーそっちね!」

井「岡田、どうしました?」
准「俺ね…歌いたい!」
会場「え〜!?」
井「じゃあ歌いますか? なんか最近俺ね、体内時計狂いまくりよ?昨日もMCの時あと15分くらい喋ろ〜って思ってたら30分くらい話してた(笑」

博ソロ前説(?)――――――――――――
井「(自分の赤と白の衣装を見て)…なんかごめんね、クリスマスみたいな衣装で…。笑」
会場から「かわいー」の声が…
井「ありがとう(笑)あんまり言われないんですよね。かわいーって。」
会場みんながイノに「かわいー」といい始める
井「だから言われ慣れてないんだって! 次は長野君のソロです。俺ね、長野君の声が昔から好きなんです。素直な声で…vv」
博「(後ろから出てくる)」
井「あ、長野君だ。」
博「はい(にこ)」
井「この曲は俺が作って…あれ、いつだっけ。ロケバスの中?俺が『長野君これ歌ってください』『はい、わかりました』ってね、OKが出て…」
博「うんv 前も…2曲だっけ?作ってもらったよね?」
井「あ〜あれでしょ?演歌で…長野君が焼肉ばっかり食いまくるやつ。笑」
博「そう、それ」
井「あとその前は長野君の実家の『サイクルセンターナガノ』とかね」
博「(笑)」
井「なんで長野君の実家の歌なんか作んなくちゃいけないんだって…笑」
(あれはイヤイヤだったの…!?笑)
博「あれ結構前だよね〜?3・4年前?」
井「って、なんのリリースもされてないけどね!?(笑) 作詞も俺がして〜『長野君が恋をしたらどんななのか』vvって、ねvv あ、今回こうやって恋の歌ですけど、長野君や俺とこの会場のファンの皆さんに置き換えて聞いてくださってもいいですからね?笑」
会場「…(笑)」
井「じゃ、俺はそろそろはけます」
博「はい、プロデューサー。  気をつけてね?そこ、階段くらいからね?(←言い方かわいかった…!vv)」


こちらは見ても見なくてもいい。すばらしく個人的メモ
:)グッズ売り場にて、長野君のうちわを買ってもらった小さな男の子。「かわいいなぁ」と思っていたら、後に「やっぱり剛くんがいい〜!」と言い始める。(ヲイ…笑)
うん…でもやっぱ剛って小さい男の子に人気なんだね。(帰りの電車でも剛のウチワ持ってるコ見ました)
:)会場が暗くなった時点で胸がいっぱいになって「ダメだ〜あの6人大好き〜」まだV6は登場してもいない(笑)
:)コン中に「可愛い」を一体何回言っただろうか…いや、数えられるはずがない。
:)健ちゃんのサインボールを隣の人がとる(笑)でもサインボールがこっちにくるなんて初めてだから嬉しい。(←超お幸せなコ)
:)坂本さんがマジで愛しすぎて…坂本さんにぴょこぴょこ跳ねながら必死に手を振ったら「しょうがねぇな」的な顔でお手振りゲット。坂本さん素敵…!
:)そんなわけで坂本さんがものすごくかっこよく見えて、つい坂本さんばっかり見てしまった。(博ファンなのに…!)
一緒に行った友達はというとすっかり剛つんに夢中。(健ちゃんファンなのに…!)
:)坂本さんのモノクロのポスター、確かにかっこいいけど私にはチンピラにしか見え(自主規制)
:)博が気付いてくれなくて諦めていたら去り際にお手振り。くっ…また不意打ちかよ!(一昨年もそうだった)
:)つぅか博が眩しすぎて見えないよ…。
:)「パンフください!」って言ったらショッピングバッグ渡された。私の滑舌って一体…。
:)剛つんが近かった!目の前で愛メロだった!…後ろ姿だけど(笑)
:)くるんと振り向いた時の剛つんかわいかった。
:)大学生のおねーさん(@博ファン)と待ち合わせて久々に会う。「学生なんだからファイル買いなよ!」「いりません(笑顔)」「ねぇクリアファイル!」「いりませんって!」何故か彼女は博のクリアファイル推し(笑)
その割に「あのクリアファイルの博の写真おかしくない!?」「(じゃあなんで私に勧めたんだよ…!?叫)」
:)博ソロと剛ソロとイノソロは可愛すぎて倒れそうでした。
:)私ってつくづくイノと准ちゃんには縁がないんだなぁ…。
:)頭に友達のペンライトぶつかる。可愛かった博に免じて許してあげた。
:)本当に私はV6ファンでよかった。
来年も笑って会えるように、明日も頑張ろう。
| V6コン | 03:07 | comments(4) | trackbacks(1) |
代々木コーン♪-3-
代々木コンレポその3!!

快「長野君、ドラマやるんだよね。」
博「あーはい。『2ndハウス』っていうね。普通のサラリーマンの役で、家の中で妻からも追いやられてて、自分の部屋にいても邪魔とか言われるから、もう1つ部屋を借りる。それが『2ndハウス』ってわけです。まぁはっきり言うと……不倫です。」
全員「おぉ〜!」
博「なんか、脚本家さんの願望らしいですよ」
快「長野君にはそういう願望はないんですか?」
博「(固まる)…ぼ、くにはそういう願望はありませんね〜。その前に妻もいないし(笑)」
快「で、エロはあるのか?(にこにこ)」
博「はい?」
快「エロはあるのかって言ってんだよ〜(にこにこ)」
博「濡れ場…は、何話か台本読みましたが、まだありませんね〜。」
剛「えええッ!?濡れ場がない!?」
博「なんですか、森田さんは俺の濡れ場がそんなに見たいんですか(笑)」
剛「はい、期待してるのは濡れ場のみですね(笑)」

快「ドラマのスタッフ、今日見に来てるんだよね〜。スタッフさーん!この男、昨日間違って『セカンドチャンス』って言ってましたよ〜!!」
博「それ(を言ったの)は健です(にこ)」
健「井ノ原くんってすぐそういうこというよね〜(健ちゃんご立腹)」


(話は10周年の話題へ)
快「10年前は小学生だったってコ〜(挙手を求める)」
客「はーい」
快「じゃあ10年前はまだ生まれてないってコ〜」
客「はーい(親子席のコ達が手を挙げる)」
快「あの辺(親子席)なんてほとんどそうだよなぁ(笑)
  (親子席に向かって)V6って知ってる〜??」
男の子「知ってりゅ〜!!」
V6「カワイイ〜vv」(和やか〜*)
博「この前ね、知り合いの隣に座ったお客さんが、10年前のデビュー当時は中学生だったんだけど、子供連れて来てたって言ってたよ。」
健「え?」
快「え、長野君の知り合いが、そのお客さんの隣に座って、話を聞いたってことだよね?」
博「そうそう」
健「ビックリした〜…長野君がお客さんの話立ち聞きしたのかと思った〜」
博「(笑)」
健「そんな余裕あんのかよ、って思った(笑)」


快「坂本さん…?大丈夫ですか?」
昌「えっ…ああ、すいません、今どっぷり休んでました。マイクも降ろしちゃって(笑)」
(昔はコンサートばっかりやってたね〜という話になり)
快「一日に4公演とかありましたね。さすがに坂本君疲れちゃって、MCの時なんかフラフラ歩き出しちゃいましたからね(笑)」
博「徘徊するおじいちゃんみたいな(笑)」
快「お前(健)、4公演とかできるか?」
健「昔は出来たけど〜…20越えちゃうとちょっとね〜…」
快「お前の歳の時、坂本君はやってたんだよ?」
健「そっかースゲー。」(尊敬?笑)


快「この前お袋が見にきてたんですよ。それで『坂本君、シェルターの封印を解いたのね…』とか言ってて(笑) 親父もその話を聞いたらしくて、『坂本君、シェルターを解禁したそうじゃないか』って(笑)」
全員「(笑)」
快「解禁って…酒とかじゃないんだから(笑)」
昌「ビックリした…俺のお袋も同じこと言ってた(笑)」
快「坂本君のお母さん、今日は来てないの?」
昌「わかんねぇ…いつも知らせずに来るから(笑)」
快「いっつも坂本君にくっついて動き回ってるじゃん。」
昌「おいー!それは嘘だろ!?」
健「俺あんまりよく見たことないんだよね〜…(坂本君のお母さん)」
博「嘘だ!絶対わかるって!ちょっとアフロでめがねかけた坂本君がいたらそれがそうだよ!」
昌「おい(笑)」
博「いたら絶対わかるから、見つけたら俺、合図するから見てて!」
昌「おい…俺の家族はもうほっといてくれよ…!(涙」


快「坂本君がタップやってる時、裏ではマネージャーのコンサートが開かれてるんだよ。」
博「坂本君のまねしてね」
快「タップも練習してるんだよね(笑」
准「マネージャーさん、この前落ち込んでたよ。(タップが) 『…上手く出来ない』って」
全員「(笑)」

以上MCレポ
*思いっきり話が前後してそうですが…
こんなこと話してたんだ〜って参考程度にお願いします

その後はまぁ普通にまた曲をやっておりましたw
1階にいる博に必死になって手をぶんぶん振ったら
振り返してくれたぴかぴか …気がする(笑
大丈夫、博は自分のウチワには目ざといから!!笑

なんかもーV6全員かっこよすぎてヤバイー!!
やっぱり全員好きだ。そう感じたコンでしたー☆☆


読んでくれた皆様… ぴかぴかありがとうぴかぴか
| V6コン | 00:42 | comments(0) | - |
代々木コーン♪−2−
代々木コンレポ その2
その後の曲
Rudery big up
BLAZING AGE
Silverbells
Lonely Holy Night
2ndbell

ときて…。(スペル間違ってたらゴメン…)

次はソロコーナーというわけで、Vちゃん達が自分達でもそもそとモップ掛け。
と、健ちゃんが隅っこでごそごそ…。
快「けんちゃ〜ん?雑巾がけしてくれるの?」
健「うん。」
ステージ中央を一生懸命お掃除する健ちゃん(笑)
快「ちょっと健ちゃ〜ん、お前がやったとこ濡れてんだけど〜」
健「(笑)」
博「健がやったとこいつも滑るんだよな〜…(ぶつぶつ言いながら健が掃除したところを拭き直す)」
(でも健ちゃんは健ちゃんなりに一生懸命やったんだよ、ひろし!笑)
快「乾かそうぜー(ドライヤーを持ってくる)」(ドライヤーかよ!笑)
快「おー…結構乾く。乾く。」

私たちはドライヤーの威力を知った。

快「この後ソロで(イノが)作詞した歌をやるわけですが…皆さんバンダナ持ってきましたか?」
客「はーい」
快「持ってきてない方はね、なんでもいいですよ。ティッシュでも振ってもらえば。」
昌「ティッシュ…!(笑)」
快「ティッシュでもハンカチでも…下着でもね、振ってもらえれば。」
昌「(笑)」
快「使った後はお近くの警備員にでも渡してください(笑)」
昌「おい(笑)」
快「……ま、そういうことでね。」
昌「おい、どういうことだよ(笑)」

快「剛クンの準備もできたみたいなんで…後半戦も盛り上がっていこうぜー!!」
客「わー」

それぞれのソロの中でも語るべきはコレ!!
Shelter …!
坂本さんが最初のタップをちょっと失敗しちゃって "ゴメン" …ってカワイイ…!!
シェルター解禁してくれてありがとう!!ありがとうー!!(壊)

その後のMC…。
快「さっき『後半戦も盛り上がっていこう』って言ったけど、マネージャーさんに『後半戦にはまだ早いんじゃないですか?』って言われちゃったよー(笑)後半にはまだ早いよねー(笑)」
V6「ははは」
昌「はは…(ぐったり)」
快「坂本君、大丈夫??」
昌「はぃ…今喋るのも無理です…(息切れ)」

快「長野さんは坂本君と岡田君に自分からバックを踊ってほしいと言ったそうですね。」
博「はいー。そうですね。踊ってほしいとオファーを…。」
快「僕達にはきてないんですけど。これは一体どういうことかなとσ(´ε`)笑」
博「まずですね…身長が自分と同じくらいの人を選びました」
剛健「えー(不満)」
快「えええ!?じゃあ俺は!?身長同じくらいなんですけど!?」
博「んー……」
快「ねぇどういうこと!?…見た目!?もしかして見た目!?」
博「…そうだよ、見た目もあるよ!見た目で選んだんだよ!(自棄)」
快「まぁ物理的に無理ですからね…準備とかでいろいろ…」
博「物理的に大丈夫でも選らばねぇよ(にっこり)」(悪魔博降臨)

博「でも今日改めて井ノ原君を選ばなくてよかったと思いました。」
快「え?」
博「今日のリハで…」
快「え!?あ!?ちょちょちょっと!(慌てだす)」
博「(クス)」
快「あれはね、俺はリハも本気ってことですよ!」
博「ねー…まさかパンツ一丁でリハやるとは思わなかったよー(にっこり)」
快「あははは!」
イノは全裸でリハをやったらしい(笑
昌「…それではその時の映像をどうぞ!」
快「ええええええ!?」
昌「嘘ですよ(笑)」
快「ビックリしたー…!」(そんな映像流されたらイノのアイドル生命終わりだね/笑)

快「ってゆーかねー。岡田君がシャワー浴びてると覗いてくるんです(´3`)-3」
准「それは違うよ。あれは事故だよ事故。(必死な弁解)」
快「シャワーって言ったら普通裸でしょ!?ドア開けてくる方が悪いんだよ〜。」
准「でもさ、なんか待ってなかった?俺が開けたらポーズつけて待ってたでしょ。全裸で(笑」
快「だって、見られるならそれなりのカッコでいないとさ〜(笑)」
准「隠すとこ隠せよ、と(笑)」

快「しかもこいつ(准ちゃん)TOKIOの歌うたいながら来たんですよ(笑)
   いますぐぼーんぼやーじゅ♪(ドアを開ける手振り)って!笑」
准「で、一緒に歌いだしたんじゃん(笑)」
快「あしたをめざーしてー♪(踊るイノ)ってね(笑)」

続きます(長ッ)
| V6コン | 00:01 | comments(0) | - |