Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

PROFILE
ぴちぴちの(!)大学2年。笑
トニセン狂で基本的に長野博
相互はいつでも大歓迎です!笑**


RECOMMEND
CATEGORIES
LINKS
ARCHIVES
OTHERS

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
2008/4/12 トニコン名古屋1部 MCレポ(2)
ごっちゃごちゃMCレポの続きです♪
下の記事の注意事項をよく読んでから、
「続きを読む」をクリックしてください!

それでは、どうぞ^^
続きを読む >>
| V6コン | 23:44 | comments(3) | - |
2008/4/12 トニコン名古屋1部 MCレポ(1)
トニもかくにも恒例!ごっちゃごちゃMCレポ!
今回はネタバレも多く含み、知らないで行った方が楽しいと思うので…
大いに注意してください!!
今年のトニコンはもう参戦した☆トニセンが何を話してたのか知りたい!
今年のトニコンは参戦しない↓↓ でもトニセンが何を話してたのか知りたい!
これから参戦するけど、別にネタバレしてもかまわない!私は貪欲!!
…に、当てはまる人はどうぞ続きをクリックしてください。
無断転載は絶対禁止です!
ご協力お願いします^^
続きを読む >>
| V6コン | 23:34 | comments(0) | - |
2007/11/17 V6コン代々木 2部 MCレポ(2)
→つづきだよ。
この記事のレポも同様に約束を守ってね^^

井「まぁ、これから坂本くんのお母さんも来る機会が増えるよね。坂本くんの舞台も始まるし。」
坂「はい」
井「剛くんも舞台があるんですよね?」
剛「はい、1月10日から2月19日まで…」
健「誕生日の前日だね!」
井「どこでやるの?」
剛「東京の…どっかで…」
井「え!?(笑)」
剛「(笑)」

坂「勘違いしてる人が多いんですけど、俺はプレスリーの役をやるわけじゃないんですよ」
健「そうなの?」
井「プレスリーの曲を使うってことなんだよね。」
健「じゃあ何の役なの?」
井「尾藤イサオさんがプレスリーやるの?(笑)」
健「坂本くんが尾藤イサオさんやるの?」
坂「……」
博「え、プレスリーが坂本くんやるの?」
坂「…お前ら帰れ!!」
博「(笑)」
井「一人減るだけでも(打撃が)大きいよ〜(笑)」

井「いや〜でも面白そうな舞台だよね。」
准「おもしろいよ」
井「なんでお前が言うんだよ(笑)」
准「俺、台本読ませてもらったからさ(笑)」
井「人の台本を読むなよ(笑)」
准「坂本くん、チャドって役なんだよね?」
坂「うん。」
井「岡田、セリフも覚えてるの?」
准「うん。」
井「じゃあ、なんかセリフ言ってみてよ」
准「あんまり言うと怒られちゃうよ…」
客「ききたーい!」
准「んー…ちょっと衝撃的なセリフなんだけど…いいですか?(笑)」
井「なになに!?」
准「『わたしの身体をキャンディーのようにペロペロなめてください』…って(笑)」
全員「(笑)」
井「それを坂本くんが誰に言うの!?」
坂「俺は言わねぇよ!『わたしの…』の時点で違うだろ!」
井「尾藤イサオさんに言うのかと思った(笑)」
健「実際のところ、尾藤さんはでるの?」
井「でますよ!!(笑)」
坂「でますよ!!(笑)」
井「あ、じゃあイザムはでるの?イザム(笑)」
坂「お前ら帰れ!!」
博「(もし2人帰って)4人じゃ、大変だよ?(笑)」
井「ねぇ、イザムはでるの?でるの?」
坂「あー!もー!でますよ!!!!」
井「えー(笑)でないんでしょ?(笑)」

健「てかさ、プレスリーじゃないならなんでチラシの坂本くんはリーゼントなの?」
井「舞台中もリーゼントなの?」
坂「そりゃそうだよ!そうじゃなかったらなんのためのリーゼントだよ(笑)」
健「あのリーゼントは坂本くんの本物の髪なの?それとも…ヅラ…?」
坂「ヅラって(笑)」
井「自前だよ自前(笑)」
坂「自前…(笑)」

井「森田さんは今年『喰いタン』というドラマで…」
剛「はい」
健「今、ちょうど再放送されてるよね」
井「曲もだしてねぇ」
剛「はい、トリオザシャキーンというね……ふざけた名前で…(笑)」
井「ふざけたとか言うなよ(笑)まぁせっかくヒットしたということでね、ここで歌ってもらおうかなと。」
客「きゃー!」

井「じゃあ恒例のじゃんけんで!!」
博「いつも通り勝った人がですよね?」
井「もちろんですよ〜!」

じゃんけんぽん!

→あいこ

全員「お〜〜…」

じゃんけんぽん!

→准ちゃんと博が勝ち!

井「うわあああ〜!」
健「どうして勝てないんだ〜(笑)」
博准「………」
健「なんか岡田やりすぎじゃん!?」
井「お前じゃんけん強いな〜(笑)」
博「どっちがどっちやる?」
准「ん〜…(会場の)みんなに決めてもらおう」

多数決で博がヒガシ、准ちゃんがケンタに…

*3人着替え中*
健「この3人になるの久しぶりだね。」
井「そうだね〜」

井「今日はですね、百識に出演してくれているジャニーズJr.の2人が来てくれています!」
(BOX席に注目が集まる)
井「じゃあ2人とも、みんなに聞こえるように大きな声で自己紹介して」
加藤くん「ジャニーズJr.の加藤冠です」
野澤くん「ジャニーズJr.の野澤祐樹です」
井「2人ともTシャツ買ってくれた〜!?」
加藤くん「(VoyagerのTシャツを着ているので元気よく)はい!」
野澤くん「(黒いVoyagerのスタッフTシャツを着ているので)……;」
井「あいつ…俺達の楽屋からとっていったな?(笑)」
客「(笑)」
井「(2人に向かって)楽しい〜!?」
加藤くん「楽しいでーす!」
健「今のいいね、苦しそうに『楽しいでーす!』って(笑)一生懸命な感じ(笑)」
客「(笑)」
健「野澤くんは代々木の最初の方にも来てくれたんだよね!」
井「うんうん」

健「あ、着替え終わった〜?」
(例によって3人で下を覗き込む)
(まず剛を見て)
井「あ〜」
健「まぁ普通だね」
(博を見て)
健「え!?」
井「(笑)」
健「なんか…(萩原)流行さんみたい(笑)」
(准ちゃんを見て)
井「あ〜…なんかもう見慣れた」
健「お前、須賀健太を全うしろよ?(なんか冷たい)」

〜♪〜ナポリタンを歌う〜♪〜

井「あははは!ナポリタン歌ってるとき、俺長野くんの素の顔みちゃった(笑)振り返ったとき、素だったでしょ(笑)」
博「たしかにあの時は素でした(笑)」
剛「なんか…今日はよかった!」
井「何が?」
剛「何がよかったのか全然わかんないけど、なんかよかった(笑)」

(ナポリタンの3人は着替えるために裏へ)
(ナポリタンを歌っている間に衣装チェンジした健・井・坂がステージにのこる)

井「(スーツ姿の坂本さんを指さしてこそこそ)なんかさ…ホストっぽいよね〜」
健「うんうん(笑)」
井「ねぇ、名前(源氏名)何がいい?"優"とか?(笑)」
坂「うるせーな(笑)」
健「ホストに見えるのは、ネクタイしてないからじゃないの?」
井「坂本くん、みんなの前にでるんだからネクタイして正装しなきゃダメじゃ〜ん!俺達は偉いから(?)ネクタイしてるもんっ♪」
坂「お前は結婚式の二次会みたいに見える」
井「結婚式!?しかもよりによって二次会!?(笑)」

健「でもさ、スーツってかっこよさをあげるらしいよ」
井「お〜!」
健「(会場に)俺達かっこいい〜!?」
客「かっこいい〜 (かわいい〜という声もちらほら…笑)」
健「(嬉しそう)」
井「ははははは!(かっこいいかどうか)聞いてる人初めて見た!(笑)」
健「大丈夫だよ、今なら何を聞いてもみんな「いいよいいよ〜」って言ってくれる感じだから(笑)」
井「(笑)」
坂「……」
健「(坂本さんを指さし)リーダー、歳だけど大丈夫〜!?」
客「いいよ〜!(笑)」
坂「……森田さーん!(健ちゃんに)鎖をちゃんとつけといてくださいよ!!(半泣き)」

井「准ちゃんは『SP』というドラマをやってるんだよね」
准「はい、今夜です。今夜は先週の続きで、すごい展開が…」
井「みてるよ〜」
健「俺もみてるよ!お前が食事なんかしてるからよう子ちゃんが襲われちゃったじゃんか〜!!」
准「(苦笑)」

井「そのドラマ『SP』の主題歌、「way of life」を歌います。」
(way of lifeを歌う)


*2回目のアンコール
(V6がぞろぞろでてくる。)
井「さぁどうしますかっ?歌いますか?みなさん次第ですよヽ(´∇`)ノ」
客「アンコール!アンコール!」
井「じゃあ長野くん、集計してください!」
博「(サッとだした手にカウンターを持っている)」
客「キャー!」
博「(カチカチカチカチ…)でました!……5万人です!」
井「そんなにいねぇよ!(笑)」
博「いや、会場の外でも言ってたんですよ(笑)」
井「そんなすごいことに!?まぁ…5万人の声があったらねぇ…それにもう明日はラストだし…」
博「歌うしかないよ!前夜祭ですよ!歌いましょう!(←異例のテンション)」
井「よーし、それじゃ1曲歌いましょう!」
(愛なんだを歌う)

井「俺たちがー」
客「ぶいしーっくす!」

以上です!
読んでくださった方、ありがとうございました。少しでもV6の楽しい雰囲気を感じていただければ幸いです♪
同じ公演に参戦した方、何か重大なミスをしてたら言ってください(笑)
あ、小さいミスは目をつぶってください(笑)←小心者
| V6コン | 22:53 | comments(2) | - |
2007/11/17 V6コン代々木 2部 MCレポ(1)
はいはいはい!トニかく恒例MCがっつりレポができましたよ(笑)
のせ…載せちゃうよ?(どうした)
・話してた順番はバラバラ…なので「あ〜こんな感じだったんだ」という参考程度にとどめる!
・でも無断転載絶対禁止!
口を酸っぱく言いますが…上記を守ってお楽しみください。

*ミニMC
井「こんばんはーV6でーす!」
客「いえーい!」
井「いやー…暑いねー…」
博「ねー」
井「上の方暑いんじゃないー?(二階席に呼びかける)」
二階席の客「暑いー!」
井「お風呂も上の方が熱かったりするからね(へらへら)下の人達、扇いであげてください」
健「これ絶対空気循環してるよ。なんか涼しい気がするもん」
井「でもさ、中は暑いけど外は寒いんだよねー」
全員「うんうん」
井「坂本くんなんてステージ裏までくるまでが大変だったもんね。さみーって(笑)」
客「(笑)」
井「それじゃあ健ちゃん、そろそろ恒例の曲紹介を…」
健「はい、今日はですね…緊張してます!次の曲『シュガー・ナイトメア』を作ってくれた、the pillowsのさわおさんが来てくれています!」
客「わーっ!」
客の1人「さわおー!」
健「呼び捨てかよ!?」
井「さわおー!」
健「お前もかよ!?笑」
坂「さわちゃーん(^O^)/」
健「どれだけ失礼なんだよ(笑)」


*MC
井「こんばんはー!改めましてV6でーす!」
客「きゃー!」
井「はい、皆さんには座ってもらって…みんなの顔がみえるように照明もいれていただいて…はい、というわけでね、先日V6が12年をむかえて…」
剛「……」
井「え?」
健「なんか剛が、しゃべるのが早いって。早口すぎるって。」
井「え、そうだった?早口だった?」
剛「そこ、絡まないで下さいよ!(笑)」
井「じゃあさ、昔話する?どこから話そうか…まずはデビュー当時のことから?(笑)」
客「え〜」
井「1995年…96年…と順を追ってさ(笑)」
准「昔話なんてしたら絶対長くなるよ」
井「んー…2週間くらいかかる?(笑)」
健「昔話やだ!」
井「えー、そう?」
健「タオルケットの話しなよ!」
井「お前…その話を今持ってくる!?それは1部の公演での話でしょ!?(笑)」
健「今話せばいいじゃん」
井「1部の話だからみんなわかんないって!」
健「全部説明すればいいじゃん」
井「お前…説明するのは俺だぞ!?(笑)」
健「(笑)」
井「わかったよ、説明するよ…。1部(公演)でですね、俺は寝るときにTシャツ短パンなんですけど、それにタオルケットだと寒いんですよ。だからこの前毛布にしたんですよ。そしたら今度は暑くなっちゃって、起きると(毛布から)でちゃってたりするんです。だから、その切り替えのタイミングっていつがいいのかね?って話をしてたんですよ。そしたら森田さんが、「その話にはまた後でアドバイスするから」って言ってきたんですよ。……で、その話を健ちゃんは今持ってきたっていう…(笑)」
健「(笑)」
井「剛ー!(健に)ちゃんと鎖つないどけよ!!」
剛「すみません、かみちぎられました…つけたんだけど(笑)」
健「いや、だって俺もまだタオルケットだからさ、気になって(笑)」
井「タオルケットのはじっこ…噛んでるんだろ?(笑)」
健「噛んでないよ(笑)」
井「はしっこだけ茶色くなってたり…(笑)」
健「なってません!(笑)」

准「…健くんてさ、ぬいぐるみ抱いて寝てる?」
健「ええ!?抱いてねーよ!!」
准「なんかそういうイメージ…」
井「あーわかるわかる!もんちっちとか抱いてな!(笑)」
准「そうそう」
井「横にするとまぶたが閉じるもんちっち!」
健「そんなの持ってません(笑)」
井「あとさ、三角の帽子とかかぶって…」
准「健くんは三角帽子とかかぶって寝てそう…(笑)」
健「寝てねーよ!」
准「じゃあどんな恰好で寝てるの?」
健「普通にパジャマに短パン?みたいなの…」
准「俺の中では、三角帽子かぶって、それでなんか長いスカートみたいな服で…」
健「えー!?聖歌隊!?(笑)」
井「健ちゃんさ、いまだに雑誌でそういうイラストくるじゃん。だからなんかそういうイメージなんだよね」
健「ちがいます!ありません!」
准「でも、俺健くんの家行ったことないから全然わからないや…」
井「そーそー!健ちゃんの家行ったことないからー!(←やけに強調。そんなに行ってみたいのか…笑)」
健「てか、みんなの家知らないなー。坂本くんの家も行ったことないよね。」
坂「ああ」
健「どこに住んでるの?」
坂「えっと……ってここじゃ言えねえよ!」
健「あーそっか、そうだよね。じゃあ最寄駅は?(笑)」
井「健ちゃん、それじゃ特定できちゃうって。坂本くん、じゃあマンション名だけ教えてよ(笑)」
坂「おい(笑)」
健「番地教えて、番地!」
坂「(笑)」
健「そういえばさー、長野くんの家もよくわかんないー。」
坂「って、おい、もう長野に振るのかよ!(笑)」

井「俺、長野くんの家に泊まったことあるぜ☆」
博「あった、あった」
准「……どんな会話するの?」
井「え、どんな会話してたっけ?(笑)その夜は長野くんがベッドに寝て、俺は床に布団敷いてもらって寝てた…狭いところに(笑)」
健「どんな布団だったの?どんな敷布団かけて寝たの?」
博「敷布団はかけねぇよ!!(笑)」
健「あ…間違えちゃった(照笑)」
井「敷布団なんてかけられねぇよ!足の先がこう…折れちゃう(笑)」
健「その時はタオルケットか毛布どっちだったのかなって思って」
井「確かその時は冬だったんだよなー」
健「あーそっかー」

准「あのさ…俺の勝手な想像なんだけど、長野くんてさ…布団にイチゴの柄とかついてない?」
博「は?ついてません(笑)」
准「なんかそういうイメージが…」
井「長野くんてもの持ちいいからさ、お姉さんが昔使ってたイチゴ柄の布団とか(笑)」
博「それはないよ(笑)」
井「長野くんの実家さ、壁紙がバラなんだよね(笑)」
健「え!?そうなの!?」
博「あれはお姉ちゃんの部屋だったんだよ」
井「今も覚えてるよ(笑)『うわ〜、長野くんの家ってバラなんだねッ』(にこにこ)」
博「井ノ原はたまに気持ち悪いくらいの記憶力だよね…;」

健「井ノ原くんは、長野くんの家にどうして泊まったの?」
井「仕事で、朝早いんで、現場が長野くんの家の近くだったから泊めてくれない?って聞いたんですよ。そしたら「全然いいよー」(←高い声)って…」
剛「ひゃひゃひゃ」
井「剛?どうしたの?(笑)」
剛「優しい!ウケる!(笑)」
井「剛も長野くんの実家行ったことあるんだよね?」
健「そうなの!?」
剛「はい、ありますよー。長野くんの親に挨拶に…」
客「(笑)」
剛「俺、そういうところはちゃんとできる子なんで…(笑)」
井「で、どうだったの?」
剛「長野くんのお父さんが、『特上寿司を頼んでやろう』って言ったんですよ。だから俺は、『あ、結構です』って断ったんですよ。」
井「おー」
剛「でも、そんなこと言っても頼んでくれるんだろうなーって思ってたんですよ。……頼んでくれませんでした。」
全員「(笑)」
剛「俺的には、もう一回聞いて欲しかったんだよね(笑)そしたら『そんなに言うなら…』って感じだったのに(笑)」
井「寿司代が浮いた☆とか思われてたんじゃない?(笑)」

剛「いやー…でも、長野くんも優しい良い人じゃないですか。でもお父さんもすっごく優しい人で…」
井「もう天使ですよ!羽があります!(笑)」
博「えー…俺の父さん、プリティ長嶋に似てるって言われてるんだけど…(笑)」
井「なんかコンサートよく見に来てるよね。それでいっつも見つけると挨拶してるんだけどさ、俺を息子だと勘違いしてるみたいで、ずっとこっち見てんの!(笑)」
博「そうそう、息子の俺が目の前に行っても井ノ原目線なの!(笑)」
剛「もうね、神に一番近い存在ですよ(笑)」
井「いい意味でね(笑)」
博「(笑)」

坂「……」
健「ん?坂本くんどうしたの?」
坂「…長野のイジリ長いなぁと思って…」
健「そんなにいじってほしいの!?(笑)」
坂「いや…」
健「じゃあ坂本くんの家族の話しようか!?」
坂「え、それはやめろよ;」
健「坂本くんにリターンしてさ!坂本くんのお母さんの話とか…」
坂「やめてくれ!もう俺の家族はそっとしておいてくれって!! 剛!お前(健に)鎖ちゃんとつけとけよ!」
剛「すいません…鎖は外れてどっかいっちゃいました(笑)」
健「俺、坂本くんのお母さんの話していい!?」
井「ご自由に」
坂「あいつ自由にさせちゃダメだろ!(汗)」
剛「どうぞ」
健「あのさ、みんなのところに坂本くんのお母さん挨拶にくる?」
博「俺のとこはくるよ」
健「俺なんてね、最近すっごくよくくるんだよ」
坂「え?;;」
健「舞台の時なんだけど…」
坂「お前の舞台のときに来るの??」
健「うん。舞台終わったとき、楽屋に『坂本くんのお母さんがきてます』って言われて、『じゃあ通してください』って通したんですよ。そしたらお母さんが…『まあくんには内緒で…サインを』って(笑)」
全員「(笑)」
坂「(唖然)」
健「で、パンフ2冊くらいにサインしてあげて、最後に握手したら…その流れでハグされた(笑)」
坂「え……!?」
全員「(笑)」
坂「ハグ…って…お前からしたんだろ?」
健「いや、坂本くんのお母さんからだよ。俺はされるがままって感じだったもん(笑)」
井「こんな感じだったんだろ?(健ちゃんと握手からハグへの流れを再現してみる)」
健「そうそう!こんな感じ!(笑)」
坂「………orz」
井「でも健ちゃん、間違ってるよ…これ、"内緒"なんでしょ?」
健「あ!そっか!(会場のみんなに向かって)みんな、これ流しちゃダメだよ!?ネットとかでも言わないでね!?自分のブログにも書いちゃ…」
井「健ちゃん、健ちゃん、坂本くんのお母さんが言ったのは『まあくんには内緒で』ってことでしょ?もう本人を目の前にしてるじゃん…(笑)」
健「あ!!!(・□・)」
坂「……ご迷惑をおかけしました…orz」
健「え、もしかして今日も坂本くんのお母さん見に来てるの?」
坂「え………」
(静まり返る会場)
坂「知りません(笑)」

→つづく。長くてごめんね…。
(あれ、何故私が謝っているのだろう…)
| V6コン | 22:37 | comments(0) | - |